本当に買ってよかった家電を紹介!マキタコードレス掃除機

本当に買ってよかった家電を紹介!マキタコードレス掃除機

子どもが生まれてからまず思ったことは、当たり前なことですが、部屋はなるべく清潔に保ちたいということ。

それから働き始めてから思ったことは、とにかく時間が足りないので掃除をなるべく手軽にできるようにして時間の節約を、そしてノンストレスな生活をということです。

とにかく食べこぼしなどで散らかることが多いので、手軽に掃除機をかけられるように充電式コードレス掃除機が欲しいなと思い、家電量販店に寄った際、やはりあの有名なダイソンが目につきました。

しかしこの高額商品はいくら性能が良くても我が家の経済状況では高嶺の花\(*`∧´)/ ムッキー!!
そんなとき当時勤めていた会社でシュレッターの紙が散らかった時に使っていたコードレス掃除機が軽くて使いやすいことを発見。

これがひろまるとマキタの出会いでした。

 

マキタとダイソンの価格の違い

 

一番お安いモデルでも3万円以上はするダイソンに比べて、マキタのこちらのお値段は1万円前後!

ダイソン3台分です。

高額家電を購入しても、いざ使ってみたら思ったほどの使い心地ではなかったなんてことになったらがっかりですよね。

それにまずコードレス掃除機に求めている機能といえば、とにかくごみを吸ってくれるということ。
そう、吸引力です。

ダイソンはCMでもおなじみのようにその吸引力が自慢の商品。

しかし、家電量販店に行っても吸引力というカテゴリーで数値化されていないので、その商品がどれだけの吸引力があるのかなんてよくわかりません。

それにひろまるがコードレス掃除機に求めている能力は、単純にとにかく目に見えるゴミが吸い取れる吸引力があればそれでよし。

つまり、ダイソンが高額な値段でどんなにすごい吸引力を誇っていようとも、とりあえず目に見えるゴミが吸い取れる力がマキタにあるのならば1万円のマキタで十分なのです。

 

実際使ってみて・・・
お菓子やパンのくずなどの食べこぼし、米粒、髪の毛、埃、子どもが工作をした後の紙くず、小麦粉粘土の小さいかたまりなど、家庭内に落ちているようなゴミを吸い取るのには十分な吸引力であると感じました。

 

 

カプセル式より紙パック式

 

今やコードレス掃除機といえば集塵ボックスはカプセル式が主流ですが、ひろまるは紙パック式を選びました。

先代コードレス掃除機はカプセル式を使っていたのですが、メンテナンスが非常に面倒なんです。

会社で使っていたマキタはカプセル式でした。

カプセルをあけて中のゴミを捨てるたびに細かい塵が舞い、フィルターには髪の毛が挟まっていたりと本当にストレス!

それにカプセルを水洗いしないと細かい塵を落とし切るのは困難で、しかも水洗いした後は干して完全に乾いた後でなければ使えません。

カプセルが乾く前に使ってしまうと故障につながりかねないし、濡れた部分に吸い込んだ塵がこびりついてしまいます。

その点、紙パック式は、紙パック代が多少かかってしまうことが難点ですが、パックをつまんでそのままゴミ箱へポイするだけ。

塵やほこりが舞って、その部分だけまた掃除機をかけなおすなんていう二度手間も省けます。

 

 

 

ボタンはトリガー式よりワンタッチ式

 

会社で使っていたマキタのコードレス掃除機はトリガー式でした。

トリガー式とは、指をひっかけてボタンを押している状態の時だけスイッチが入り、指を離すとスイッチが切れます。

しかし、長く掃除機をかけているとだんだん指がつかれてきますし、持ち方も限定され高いところや狭いところを掃除するときなどに不便を感じます。

自宅で使用するなら断然ワンタッチ式、つまり一回ボタンをおせば連続運転可能であるものがよいと思いました。

 

これでエアコンの掃除もしています

 

マキタはオプションもリーズナブル。

先日こちらのブラシを発見して、これはエアコンのフィルタ部分の掃除に使えるかもしれないと思い購入し使ってみました。

 

 

マキタは掃除機本体が軽いので、片手で軽く持ち上げてエアコンの掃除をすることが可能です。
ヘッドをこちらのブラシに取り換えて、ごっそり埃を吸い取りました。

 

狭い場所にはこちらの細いブラシ付きのノズルもありますが、同じような形のブラシがついていないものは本体購入時にセットとしてついてきます。

でもブラシがついているものの方がより埃をキャッチしてくれそうですね。

マキタは世界的な日本の電動工具のメーカー

 

当時ひろまるは建設関係の会社で働いていたのですが、そこで勤めていた建築士さんがマキタは電動工具の有名なメーカーで建築現場で働く人で知らない人はいないくらい有名と教えてくれました。

家を建てる時に出る木くずやごみをガンガン吸い取っているのが、このマキタのコードレス掃除機なのだそう。

ちなみに会社が入っているビルの掃除のおじさんもよく見るとマキタの掃除機を使っていました。

そして!マキタの掃除機はなんとあの新幹線でも採用されています。

少し写真が古い感じがしますが・・・

マキタは狭い新幹線の中を掃除するのに活躍しています。

たしかに、新幹線の中をコンセント式の掃除機で掃除するのは非常に困難ですものね。

日本が誇る新幹線で採用されている国産メーカーの掃除機だと思うと安心して購入できますね!!!

 

 
ブログランキングに参加していま~す
↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 子供と二人暮らしへ


にほんブログ村