TVが家にあるからってNHKと契約を結ばなくてはいけない理由を心から納得いくようにだれか説明してくれ!!!

TVが家にあるからってNHKと契約を結ばなくてはいけない理由を心から納得いくようにだれか説明してくれ!!!

腑に落ちないんです。

どうしても納得できないんです。

何かモノを買ったりサービスを受けたりすることに、対価としてお金を払うことは当たり前として・・・

望んでもいない、頼んでもいないサービス提供に対して強制的にお金を払わされるということに・・・

NHKの受信料の徴収員が我が家へやってきた!!!

いつものように17時ピッタンコのスーパー定時で会社を後にし、その後保育園にお迎え、息子とともに帰宅しました。

玄関のカギを開けようとした瞬間・・・

見知らぬ男に呼び止められました。

『あのーすみません、30×号室にお住いの方ですか?』

てっきり宅配便の人かなと思ってしまったひろまるは

『あ、はい。そーですけど』

と答えてしまいました。

『NHKです。こちらの部屋でまだお引っ越し後にNKHの契約が確認できていません。』

 

ぎょえー!!!きたー!!きたよー!!!

Σ(ー▲ー;)

 

↓↓その後のやり取り↓↓

N:『お引っ越しされる以前は受信料お支払いいただいていましたか?』

ひ:『あ、は、はい・・・た、たぶん払っていたと思います・・・(ウソ)』

N:『ではこちらのお引っ越し手続きの書類に住所と名前と以前お住まいだった住所を書いてください。』

ひ:『あ、あのお預かりして書いて、後日お渡しするって形じゃダメですか?急いでるので。』

N:『ダメです!今この場で書いてください!』

 

はぁぁぁ???(ー_ー)!!

 

人んち家に突然アポなしでやってきて、この物騒な昨今、誰か何者かもわからないやつに住所と名前と以前の住所を教えろって??!

 

ざけんじゃねーよ!!!

(↑ほぼ逆切れ)

っていうかなに??

NHKっていまだにこんなバカみたいなことやってんの??

昔も何度か徴収にあったけど、(20年位前)未だにこんな原始的なやり方で受信料徴収してんだ!!!

無駄に徴収員の人件費かさむだけじゃん!!

ほんっとばっかじゃねーの???

ハァハァハァ(*´Д`)

 

すみません。ひろまるとしたことが、取り乱しました。

だ、だって、この個人情報流出に厳しい現代において、ありえないでしょ!

突然訪ねてきた見知らぬ人に名前と住所を教えるとか・・・

とりあえず、今この場で住所と名前を書けと言ってきた徴収員に対しては

ひ:『あーすみませんけど、今とっても急いでいて、このあとすぐに外出しなければいけないので(←ウソ)明日の午前中にまた来てもらえますか?』

と、とっさにその場しのぎなことを言って逃れました。

だって、必ずしもその人がNHKとは限らないし、悪い人かもしれないし、探偵かもしれないし、詐欺師かもしれないし!!!

あー怖かった!!

!!!って、しまった!( ゚Д゚)

とっさにテンパって明日来てくれとか言っちゃったんじゃん!!!

やべー明日も来るわ!

どうやって逃れよう・・・

というわけで、NHKの徴収員から逃れるべく、NHKについていろいろ調べてみました。

敵と戦うにはまず敵(NHK)についての情報を収集しなければなりません。

NHK民法TV局って何が違うの???

そもそもNHKってなに??

郵便局のように、もともと国営だった機関がお国の事情で民営化されたものだとばかり、うっすら思い込んでいました。

民営なのに受信料や契約を強制するのはおかしいでしょ??

え?国営でも民営でもない?・・・らしい

じゃあ、なに??  NHKとは・・・公共放送である・・・

つまり・・・?

営利を目的として行う放送を民間放送、国家の強い管理下で行う放送を国営放送ということができます。これらに対して、公共放送とは営利を目的とせず、国家の統制からも自立して、公共の福祉のために行う放送

国よりでもなく、スポンサーよりでもなく中立で公平って立場なわけね。

ちなみに、福祉なのに無理やり金取るんだ・・・(苦笑)

なぜ受信料を払わなければいけない???

放送法という法律で決まっています。

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】

第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

つまり、法律で決まっているので、テレビをもっていて、アンテナにつないだ瞬間・・・

NHKと契約をしなければいけない義務が発生する・・・んですって・・・

へ~(苦笑)

実際、払わなかった人や、契約を拒んだ人がNHKから裁判所に訴えられている判例がいくつかあります。

そう、この現代の日本において、契約するか否かを選択できない現実がいまだに実際にあるんです。

でもさ~戦後生まれの世代にはやっぱ理解しろっても難しいよ・・・

だってその法律、昭和25年にできたんだよ~(笑)  古!!

契約するかしないか、お金を払うか払わないかを選択できないなんて、現代において非常にナンセンスな法律であると考えざるを得ません。

その受信料はいくら???

NHKさんのページからお借りしました。

毎月1,260円!

2ヵ月で4,460円

一年払いで13,990円

だそうです。

おまとめ払いなら少しお得なのね!

って、いやいや観もしないNHKに年間13,990円も払うんですか!

10年払ったら139,900円!20年払ったら約28万円なんです。

子どもが二十歳で成人するまでにその28万円があったら、うちにとってどんなに助かることか!

こうなったら、何としても受信料徴収を逃れ、その28万円、成人式のスーツ購入費に回させていただきます!!

受信料を逃れるすべは???

2019年1月現在、ひろまるが各方面で情報を収集したところによると、健康的に就労し収入を得ている以上、合法的に逃れるすべはありません。

TVを設置していれば、収入が多い人も少ない人も、もれなく一律金額で強制的に徴収されるそうです。

うちのように母子家庭でぎりぎりの生活してるんです!って言っても割引なんてしてくれません。

年収1000万の家の100インチのTVでも、年収200万円ちょっとの極貧我が家のちっさーいTVでもおんなじ金額です。

我が家にとって毎月千円ちょっとの金額は大金なんですよ!!

その金で子どもに服1枚、絵本1冊買ってあげられるんです!!

無駄にくれてやる金なんてびた一文うちにはないんですよ!!!

この際所得割にしてくれよ・・・

金持ちからたらふくとれや・・・

なんていってもムダですね・・・なんせテレビをつないだ瞬間に契約及び支払いは義務とすると、法律で決まっているんですから・・・

個人的な見解・・・

(あくまでも個人的な見解です。)

そんなに強制的に受信料徴収したいならさー

いちいち徴収しないでも、税金使えば?

国営放送じゃないから税金使うってできないのかな?

みんなから徴収してる税金の中からNHKの運営費を国が出してやれば?

いちいち取りに来られるとシャクだから(笑)

そうすれば払ってる人、払ってない人の不公平感もないし、徴収員みたいな無駄な人件費も発生しないし・・・

その方がみんな納得すると思うんだけど・・・

 

確かに思うのは、NHKを観ている人は料金を払うべきだと思うんだよね。

だって観てるんだから、サービス受けてるわけでしょ?そりゃお金払わなきゃ。

うちは四六時中AmazonプライムビデオとYouTubeしかついてないわけ。

あたしがたまに民法でニュース観るけど、それ以外は息子のAmazonプライムビデオとYouTubeに占拠されてるの。

うちの息子、お母さんといっしょとか観ないわけよ。

AmazonプライムビデオとYouTubeしか観ない完全現代っ子なの。

うちは1分たりともNHKはついてない!

それで月1,260円払えって、素直に払えるか??

そりゃひろまるは、お母さんといっしょや、フルハウスやビバリーヒルズ高校白書を観て大人になりましたよ!

多感な青春時代をNHKと共に過ごしました!

だってビバリーヒルズ高校白書、大好きだったんだもん!

でも、30年以上前の話ね!

現代はさ、AmazonプライムビデオとYouTubeどころじゃなく、HuluとかNetflix、U-NEXT、dTV、などの動画配信サービス(VOD)があふれているの!

もう民法数局とNHKしかない時代じゃないんだってば!!

だぶんNHKってその現実に気付いてない??

受信料にあぐらかきすぎて、強制徴収に左うちわになりすぎて、いつのまにか敵がいっぱい増えてることに気づいてない??

ってか、法律(放送法)に守られてるNHKは別物だからVODがあるれる世の中になってもなんのそのなのね・・・

敵とは思ってない、きっと。

でもさ、やっぱもの造っても選ばれなくなったらおしまいだと思うわけよ。

どんなに法律で決まっていても、福祉であったとしても、お金払う人が喜んで払いたいくらいの福祉じゃないと意味ないと思うわけ。

ちなみにうちは貧乏だけどAmazonプライムには喜んでお金払わさせていただいておりますよ!

だってサービスすごいもん!

それでもNHKの月々1,260円に比べたらはるかに安いよ、月に300円ちょっとだもん。

それで受けてるサービスは全然比べ物にならないけどね!

息子がYouTubeばっか観てるのはさ、やっぱおもしろいもん!

世界のユーチューバーたちがさ、こぞっておもしろいもんを競い合って造りだしてるわけじゃん。

体操のお兄さんも歌のお姉さんもがんばってるとは思うけどね、負けてるんだよ・・・

だから選ばれなくなったの。

何十年も変わらないものってのも大切だと思うけどね・・・

観てもないのに、お金だけ払うのはちょっとね・・・さすがにね・・・

それで、NHKの社員が平均年収1780万円だっていうからさ!!!

スポンサーもついていないのに???

国民からの受信料だけで???

ちなみに、NHKに就職するのは超難関でエリート中のエリートなのだとか・・・

それもまたシャクだよね!

うちの世帯年収なんて、やっとこどっこい250万円なのに~

き~~~!!!

(貧乏人の負け惜しみ↑↑)

もうお金取るのは観てる人からだけにしてよ!

それで、受信料からの収益が下がって会社が立ち行かなくなりそうだったらさ、

社員の給料半分にすれば??

半分でも多い方だし!

それでエリート辞めてくわけじゃん。

人員削減オッケーじゃん!

そもそも、民間企業ならもれなくそうなるよね??

 

そしてちなみに、次の日は留守にしました。

あ、明日来てくださいって言っちゃった徴収員の話ね・・・

歯医者の予約入ってたんで、出かけました。(笑)

インターホンの録画観たら、1回ピンポン押してしばらく待った後、素直にお帰りいただきました。

もしかして、こいつ毎日来る??ってしばらく警戒しましたが、それから1週間ほどお見掛けしておりません。

きっとお忙しいんでしょう。

それだけ、受信料払ってない人がいっぱいいるってことね、きっと。

あ、ちなみに勘違いしないでくださいね!!

ひろまる、お金払わないって、まだ一回も言ってないから!!

 

では!!

 

 
ブログランキングに参加していま~す
↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 子供と二人暮らしへ


にほんブログ村